« フェミロン(マーベロンジェネリック) | トップページ | マイクロジノン21 »

2019年2月26日 (火)

ダイアン35


ダイアン35

体内で分泌される女性ホルモンは女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能など多くの機能に大きく関わる非常に重要なホルモンです。女性ホルモンには卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」の2種類がありますが、これらのホルモンの増加・減少のバランスから生理周期のリズムや妊娠出産が成立しています。

低用量ピルは少量のエストロゲンとプロゲステロンを含有する女性ホルモン製剤です。ごく少量の女性ホルモンを補充することで女性自身で生理や妊娠をコントロールすることができます。正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルは3つの作用によって避妊効果を発揮します。

1つ目は排卵抑制作用です。低用量ピルによって脳下垂体が「女性ホルモンが十分に分泌されている=妊娠時の状態」と認識するために排卵が起こらなくなります。

2つ目は子宮内膜の増殖を抑えて受精卵を着床しにくくする作用です。子宮内膜が増殖せず薄いままだと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。

3つ目は、黄体ホルモンの作用によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぐ作用です。

このように3段階において妊娠を回避する作用があるため、低用量ピルは非常に高い避妊効果を発揮するのです。尚、服用を中止すればじきに排卵は再開します。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを正しく整えるため、避妊目的以外にも月経困難症、PMS(月経前症候群)、子宮内膜症、不妊症、更年期障害、難治性の大人ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ダイアン35は有効成分として酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を含有する新しい低用量ピルです。副作用が少なく、日本では未認可ですが用量的に体格が比較的小さめのアジア人向けだと言われています。

また、有効成分の酢酸シプロテロンは従来の低用量ピルの黄体ホルモン製剤と違って男性ホルモンを抑制するという特徴的な作用があります。そのため男性ホルモンの優位が原因で発生する大人ニキビに対して従来のピルよりも著しい改善効果があり、海外ではニキビ治療目的でダイアン35は特に多く使用されます。

男性ホルモン抑制作用からダイアン35は男性型の多毛症や抜け毛に対しても改善効果が期待でき、更に巷では女性化希望の男性でもダイアン35を愛用している方が多いと言われています。(男性が服用する前提で作られていないので、決して自己判断で安易に服用しないでください。)

ダイアン35

« フェミロン(マーベロンジェネリック) | トップページ | マイクロジノン21 »

低用量ピル(避妊・PMS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイアン35:

« フェミロン(マーベロンジェネリック) | トップページ | マイクロジノン21 »