« エラワンジェネリック(アフターピル) | トップページ | エラワンジェネリック+吐き気止めセット »

2019年2月27日 (水)

アイピル(ノルレボ)+吐き気止めセット


アイピル(ノルレボ)+吐き気止めセット

アイピルは緊急的に服用するために開発された経口避妊薬で、一般的には「アフターピル」と呼ばれています。

コンドームが破けるなどのハプニングで避妊に失敗した、性被害に遭ったなど不測の事態で避妊ができなかった時に望まない妊娠を回避するための薬です。

性交後でも72時間以内に服用することで、女性自身で妊娠を高確率で防ぐことができます。

アイピルを性交後早い時間に服用すればするほど避妊成功率は上がり、性交後24時間以内での服用であれば95%もの確率で妊娠を防ぐことが可能です。

着床後に服用しても避妊効果はありません。

アイピルは日本でも販売されているアフターピル「ノルレボ」のジェネリック医薬品なので、ノルレボと同一成分・効果でありながら安価でお買い得となっております。


ドンペリドンは胃腸に作用し、胃腸の動きを改善させることで吐き気を抑える作用があります。

また、脳にある嘔吐中枢に働くので吐き気を抑える作用もあります。ドンペリドンはナウゼリンのジェネリック医薬品で、ナウゼリンに比べ、手の震えや生理不順などの副作用症状が現れにくいと言われています。

さらに、子どもから高齢者まで幅広い世代の方に内服して頂ける便利な吐き気止めです。

胃は規則正しく運動することで、食物を消化し、腸へと送り出しています。しかし、胃炎や十二指腸潰瘍、薬の副作用、外科的開腹手術など、胃の運動を妨げる原因があると、胃腸の動きが悪くなり、食物が胃に停滞してしまいます。

胃に停滞してしまうことで、吐き気や嘔吐、食欲がない、お腹の張りや腹痛などの腹部症状、胸やけ、げっぷなどの症状が出てきます。これらの症状を改善してくれる薬がドンペリドンになります。

吐き気は中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の2種類に分けられます。中枢性嘔吐は、脳にある嘔吐中枢が刺激されることによっておこる吐き気で、末梢性嘔吐は胃腸などの消化管が刺激されることによっておこる吐き気です。

ドンペリドンは、後者の末梢性嘔吐に効果を発揮しますが、中枢性嘔吐にはあまり効果がありません。中枢性嘔吐に効果がないということは悪いことではなく、脳への薬の侵入が少ないということなので、脳に作用することで起こる副作用症状が出ることも少ないと言った利点もあげられます。

脳への作用も全くないというわけではなく、少しですが脳の嘔吐中枢の働きを抑える作用があるので、気分の悪さを改善してくれます。

ドンペリドンの主な効果としては、胃腸などの消化管にあるドーパミン受容体をブロックする作用があります。ドーパミンとは神経伝達物質のことで、ドーパミン受容体がドーパミンと結合すると、胃腸の動きが抑えられてしまうことがわかっています。

なので、ドーパミンを内服し、作用することでドーパミンの結合を妨げ、悪くなっている胃腸の動きが改善されます。したがって、胃腸での食べ物の消化を促進し、順調に胃から腸へ送り出せるようになります。

アイピル(ノルレボ)+吐き気止めセット

« エラワンジェネリック(アフターピル) | トップページ | エラワンジェネリック+吐き気止めセット »

アフターピル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイピル(ノルレボ)+吐き気止めセット:

« エラワンジェネリック(アフターピル) | トップページ | エラワンジェネリック+吐き気止めセット »